ZEH普及目標

協和建工の今後のZEH建築目標

ZEHがしめる割合を2020年度までに50%以上とします。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)とは

 

ZEHは、快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備によりできる限りのエネルギーに努め、太陽光発電等によりエネルギーを創る事で、1年間で消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロ以下となる住宅の事を言います。

日本国政府が定めた「エネルギー基本計画(2014年4月閣議決定)」においては、
ZEHの実現・普及について
・2020年までに、標準的な新築住宅でZEHを実現
・2030年までに、新築住宅の平均でZEHを実現
上記の様な目標値を設定して、国をあげて取り組んでいく事になりました。

協和建工でも企業一丸となってZEHの普及拡大に取り組んで参ります。

ZEH普及目標

年度2016年度
(平成28年度)
2017年度
(平成29年度)
2018年度
(平成30年度)
2019年度
(令和元年度)
2020年度
(令和2年度
ZEH受託率実績/普及目標実績/普及目標実績/普及目標実績/普及目標普及目標
0% / 25%10% / 25%7% / 35%15% / 35%50%